床板を張る – その2 – 完成度を大きく左右する床板をキレイに張るコツ。

2016.7.28ウッドデッキの作り方

床板張りの作業は、ウッドデッキのDIYの中で一番楽しい作業です。床板はウッドデッキの中でも一番目につく場所であり、床板の仕上がりが、ウッドデッキの完成度を大きく左右します。 綺麗に床板を張るには多少のコツが必要ですが、下記で紹介しているコ ...

床板を張る写真1

床板張りの作業は、ウッドデッキのDIYの中で一番楽しい作業です。床板はウッドデッキの中でも一番目につく場所であり、床板の仕上がりが、ウッドデッキの完成度を大きく左右します。

綺麗に床板を張るには多少のコツが必要ですが、下記で紹介しているコツは、決して難しいものではありませんので、覚えておくとよいでしょう。

床板の隙間を一定にするためにスペーサーを使用する

床板は、ウッドデッキの水はけと換気性を良くするために、隙間を開けて張っていくのが一般的です。隙間は自分の好きな間隔でよいのですが、狭すぎると、水はけ、換気性が悪くなりますし、広すぎるとつまずいたり、隙間から物を落としたりしますし、ウッドデッキの見栄えも悪くなってしまいます。一般的には5mm程度の隙間にすることが多いようです。

床板に隙間を作って張る場合、隙間が不揃いだと、ウッドデッキの見栄えが悪くなります。そこで、スペーサーを使って、等間隔に隙間を作っていきます。スペーサーは、5mm程度のL字のアングルや、木材の端材などで自作して使われている方が多いようです。L字やT字型で、挟んでも落ちない形で、後で引き抜けるような形状になっていれば何でもよいと思います。

床板を誤差なく平行に張るために目印を付ける

床板は、一枚一枚を上手く張っているつもりでも、作業しているうちに少しずつ誤差が生じることがあります。

床板張り作業の途中で、床板の両端2箇所で、最初の床板から今までの床板までの長さを測り、同じ長さになっているかをこまめに確認します。2箇所が同じ長さであれば床板が平行になっていますので、そのまま床板張りの作業を進めても大丈夫です。2箇所の長さが違う場合は、床板が水平になっていませんので、残りの床板で少しずつ隙間を調整していき、床板を平行にします。

少し面倒ですが、根太の上面に等間隔に目印を書いておくと、それを目印に床板を張ることができますので、床板のズレも少なく、ウッドデッキを簡単に綺麗に仕上げることができます。

床板が曲がっているときは押さえつけて矯正する。

床板を張る写真2

ウッドデッキ材には反ったりねじれたりしている材があります。しかも縦方向や横方向など材によって様々な反り方をしています。このため、反っているウッドデッキ材を床板に使用する場合は、矯正しながら張っていくことが必要になります。

ウッドデッキ材の反りが上向きの場合は、体重をかけながら足で押さえつけてコーススレッドで固定します、反りが下向きの場合はやや難しく、床板を下から持ち上げるようにしてコーススレッドで固定します。

ウッドデッキ材が、横方向に反っている場合は、床板の両端をコーススレッドで固定した後に、くさび等を打ち込んで真っ直ぐに矯正しながら、コーススレッドで固定します。

フェンス柱に干渉する床板のカット

フェンスの取付用に、束柱が長くなっているウッドデッキの場合には、床板をL字やU字にカットする必要があります。

ウェスタンレッドシダーなどのソフトウッド材であれば、ジグソーでカットすることができますが、ウリンなどのハードウッド材は、ジグソーの刃が折れてしまう可能性があるので、手ノコでカットする必要があります。

木表と木裏を意識する

木材には、表と裏があります。表皮に近い方を「木表」芯に近い方を「木裏」といいます。木表、木裏は必ずチェックして張るひつようがあります。

ウッドデッキ材は、水分を含むと膨らみ、木裏を上にした場合は凸方向に反りますので、こ少しでもウッドデッキの床面の水はけを良くするために、木裏を上にして床板を張ります。木裏を上にすることで、床板の上に溜まった雨水は、床板の隙間から下に落ちるので、床板の腐食を遅らすことができます。

ただし、ウッドデッキ材は木表の方が木目が綺麗なことが多いので、プロの大工さんやエクステリア業者は、木表を上面にしてウッドデッキを施工することが多いそうです。

このような理由で、木表を上にするか木裏を上にするかは、水はけを優先するかそれとも見栄えを優先するかで選ぶようにしましょう。


ウッドデッキ

月別アーカイブ 

キーワードで検索 

2x4材 SPF材 ウエスタンレッドシダー ソフトウッド ハードウッド 人気記事 塗料 工具 木材保護塗料 水性塗料 油性塗料 道具・工具 電動工具

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。